Home > ブログ

はないちのブログ -新着情報-

夏のウェディングに、アートフラワーブーケを✨

 

夏至も過ぎて、もう初夏ですね☀

これから結婚式を挙げる方、夏に結婚式に出た経験をお持ちの方ならピンとくるかもしれませんが、近年、夏季に行われるウェディングセレモニーでは、花嫁様のブーケに生花以外のものを使うのが主流となっています。

プリザーブドフラワー、アートフラワー、粘土で作ったお花などです。

花の管理の難しさゆえに仕方のないことではありますが、そうは言ってもデメリットばかりではなく、使用した花を(加工などの手間を加えることなく)そのまま思い出の品として保管できるということはむしろ合理的であり、夏以外にそういう選択をされる方も珍しくありません。

 

ご存知の方もいる通り、当店ではウェディングブーケの制作も請け負っております。もちろん、アートフラワーでも!

こんな感じ。いかがでしょう?造花っぽさはだいぶ少ないように思えます。お値段は21,600円(税込)。写真の商品は売約済みですが、お客様のご希望に合わせてまたお作りすることができます。

 

いま見本として店内に展示してあるものだと、

ボールブーケのようなものだったり、

「こんな色でもできますよ」というブーケだったり。どれもだいたい20000円~30000円くらいになるでしょうか。式場にもよりますが、生花とあまり変わらないようであれば、この時期はアートフラワーのほうが断然お得だと思います。

 

アートフラワーについての問い合わせは年々増えてきております。「造花はちょっと…」という抵抗感は、若い世代ほど少ないもの。最近の造花はきれいなので、どうか固定観念を取り払っていま一度「手入れのいらないお花」についてフラットに考えるきっかけになればと思います。

 

 

 

 

かわいいバラ、あります☺💝

当店では花束やアレンジに必ずといっていいほど入れる、バラ🌹

ベーシックな赤やピンクのものに加え、さまざまな種類を取り揃えております。

たくさんある中から選んだ方が楽しいですよね☺

 

たとえば今なら……

 

個人的おすすめはこちらのアプリコットのようなバラ。

スイーツみたいなバラって、なぜこんなに胸がときめくのでしょう…!!

 

“スイーツみたい”でいうと、

このシャーベットカラーも、たまらないかわいさ…!

青い染料を吸わせたバラはもっと濃い色が主流だったのですが、この淡いブルーはなんだかすごく今時な感じがします。これから流行るかも?

 

あと、以前仕入れて好評につき再度入荷した、

これなんかもかわいい!

マーブル模様がはじけています。都会っぽいピンク。

 

バラは贈答用と思われがちですが、二、三本でまとまるので自宅に飾る花としてもおすすめです。

「これだけしか買わずに、申し訳ない…」とおっしゃる方も見えますが、全然そんなことはありません!一本からでも無料ラッピングを受け付けておりますし、ご自宅用でもスタッフがていねいに接客いたします。

 

お気軽にご来店ください😸

 

 

 

 

 

 

6月のジャングル🐯🐦🌳

梅雨真っ最中ですね☔

ただいまの花一生花店には、なんとなく亜熱帯のジャングルのような雰囲気が漂っています。

 

濃い緑にエキゾチックな色彩、何かが潜んでいそうな薄暗さ。

 

平日の植物園を歩いているような……

 

体が小さくなって、異世界に迷い込んだような……

 

やがて温かな雨音が聴こえてくるような……

 

見慣れた花も花でなくなるような。

 

そんな不思議な時間が流れています。

 

今日は父の日ですが、皆さんはお父さんに何かしてあげましたか?

何もなければ、お花でも買って帰るのもいいかもしれません☺

それは住まいのなかで明るく機能してくれることでしょう。

 

ベゴニアにアンスリューム、切り花・鉢花のあじさい、青いバラやヒマワリなど。ダンディかつ爽やかななお花を取り揃えてお待ちしております💐

 

 

大人気!ハーバリウムの新作ぞくぞく

 

店頭に並べるやいなや、予想以上の売れ行きを見せるハーバリウム。

スタッフ一同、改めて需要の大きさを認識するとともに、もっともっと魅力を知ってもらうべく、気合いを入れて制作しております!

 

 

バラやのジニアのプリザーブドフラワーを入れて、想いの伝わる赤系の色味でまとめたり….

 

 

ハーバリウムの目に涼やかな特性を生かして、青や黄色で清涼感を演出したり。

 

お客様のご要望を聞きながら、工夫を凝らして制作中です☺

 

ぜひ一度お店でご覧になってくださいね。(その場で写真撮影をして、おうちの人やお友達とご相談するのも可です。お気軽にご相談ください。)

 

 

 

龍城神社、結婚式のお花🌼

ちょっと前ですが…龍城神社で挙げられた結婚式の装花をやらせていただきました☺

今回メインに使用したのは、こちらの橙色のダリア。

白をベースに、中央から淡く色が染みているような…瑞々しさと鮮やかさの両方を兼ね備えた、透明感あふれる品種です✨

 

装花に使うと、こんな感じ。

白とグリーンを合わせて、六月のフレッシュな生命の息吹を感じさせますね。

テーブルクロスの深みのあるシックな色合いにもよく映えています。

 

 

ゲストテーブル用のアレンジも、モダンな菊を使って和の雰囲気を出しつつ、爽やかでオレンジの明るさが印象的な仕上がりに。

緑の葉っぱがついている枝はドウダンです。赤く紅葉することがあまりに有名ですが、涼やかな緑の葉っぱも生け花などで重宝します。

器は竹を切ったものを使用。

 

最近、これから結婚式を挙げる人に、「お花なんて、終わったら誰も覚えていない」というアドバイスをする人をネットでよく見かけます。

確かに参列した結婚式に対して、「オレンジのダリアが綺麗だったね」なんて具体的な感想を持つ人は少ないでしょう。だって、お花は脇役なんですもの!式の間中お花ばかり見ている人なんていません。

しかし、空間を演出する大切な要素がお花。ドレスを綺麗に見せるのも、料理を美味しそうに見せるのも、参加した人の笑顔を彩るのもお花です。

誰も覚えていなくても、お花という特別なアイテムを添えることで、その日の景色は一生のなかでも特別なものになるのではないでしょうか。私はそう思います。

 

花とは、贈るその人や捧げるその場を大事にするためのもの。どうか軽視されないように祈るばかりです。

 

 

 

母の日にもらったお花が咲き終わったら…

ブログの更新が遅くなって申し訳ありません🙇

今年の母の日も、当店からたくさんのお花が全国のお母さんたちのもとへと運ばれて行きました。

今回は母の日にもらったお花が咲き終わったあとの管理方法について紹介します。

 

①カーネーション

鉢植えのカーネーションをだめにして「ああ、私の管理が下手だから…」と落ち込んでしまうお母さんも多いと聞きます。

ちゃんとお水をやっているのに、どうして? その原因として日照不足が考えられます。

たくさんあるつぼみが咲かないのは、葉っぱにじゅうぶんな光が当たっておらずエネルギーを生み出せないからなのです。

カーネーションは日陰ではなく明るさを好む植物なので、室内でも陽当たりのいい窓辺か、できれば一回り大きな鉢に植え替えて戸外に置くのが良いでしょう。

いっそ地植えにしたいところですが、カーネーションが好むものとして明るさともうひとつ「涼しさ」があります。

地植えにしてしまうと、夏場の暑さにやられ枯れてしまうことが多いのです。

鉢植えならば、暑い季節は家のなかに入れて管理し、涼しくなってきたら外に出すことができます。上手くいけば秋にも開花することがあります。

地植えの成功例として、「長野県のお母さんが畑に植えたら翌年も咲いた」という話があり、冷涼な気候でカーネーションの産地としても知られる長野県ならばそういうこともあるかもしれない、と納得しました。

 

②アジサイ

「宅急便で届いたアジサイが、すぐにだめになってしまった。不良品ではないのか」というクレームがたまに入ることがあります。

移動距離の長さや配達中の暑さが主な原因ですが、そもそも流通しているアジサイの植わっている鉢の小ささ、というのもあります。

アジサイはとてもよく根を張る植物で、商品として運ばれる過程の小さな鉢にはびっしりと根が詰まっています。そのため、すぐに水が切れてしまうのです。店に置いてあるアジサイも、毎日水をやらなければすぐにぐったりとしてしまいます。

なので、アジサイの鉢をもらったら、お花が元気ならば鉢植えのまましばらく鑑賞してもいいですが、なるべくすぐにお庭に地植えしてあげるのが良いでしょう。

ただ、地植えしたアジサイは大きくなりすぎてしまうので、園芸書などを参考にして花後に剪定をするのがおすすめです。そうすれば毎年美しい姿で見事な花をつけてくれるでしょう。

 

 

 

 

 

 

母の日が近づいていますよ~!👩✨

 

気持ちの良い五月晴れが続き、連休を楽しくお過ごしの皆さん。

母の日のこと、考えていますか~?

母の日とは、<5月の第二日曜日>のことで、今年は5月13日です!

 

同居の方も。実家を離れて一人暮らしの方も。

結婚されて、帰る家をほかに持つ方も。

 

「いつも気にかけているよ」「感謝しているよ」

「あなたが笑顔になってくれると幸せ」

 

そんな気持ちを込めて、ぜひお母さんにお花を贈ってみませんか?

 

当日は一週間後ですが、花一生花店はすでに母の日モード。

花束を持ったくまさん。

 

お店の中はというと……

もうけっこうアジサイが出てきています!

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、アジサイは庭に地植えするのに向いていて、お花を育てるのが好きなお母さんにはカーネーションよりおすすめの花なのです。

 

もちろん「母の日といえばやっぱりカーネーション!」という方のためにカーネーションの鉢植えもご用意しております。

母の日の贈り物は当日じゃなくてもOKなので、ご都合のよろしいときにぜひご来店ください!

 

 

 

 

花一生花店にハーバリウムが登場🎶

 

いまSNSを中心に話題沸騰中のハーバリウム🌼

「植物標本」という意味だそうですが、世間でハーバリウムといえばお花が透明なオイルといっしょに瓶詰めになったものを指します。

 

たとえばこんな感じ!

 

 

きれいですね~😍💓

中身のお花はプリザーブドフラワーとドライフラワーです。

ひとつの瓶にひとつの世界観があるのがハーバリウムの面白いところで、他のを手にとってみると……

 

 

同じ形の瓶でもけっこう違いが出ていますね。

好みに合うものを探すのも楽しい!

 

 

ひとつ2,700円(税込)です。(写真以外にもあります)

 

 

☆☆アルバイト募集中です☆☆

長期アルバイト、母の日期間中の短期アルバイトを同時に募集中です!

条件はお花が好きで、やる気のある方。

土日どちらかでも入ってくれる方歓迎です。

詳細はお問い合わせください。

 

 

プリザーブドフラワー制作しました🌹

 

当店はプリザーブドフラワーを取り扱っていますが、3月末の送別シーズンに売れたぶんを補充できず、実はここのところ品薄状態が続いていました😢

 

今は少し落ち着いたので、ぞくぞく制作中です!

春らしいピンク色。

人気の動物シリーズ。

素焼きの風合いに素朴な温かみがあります。

ちょっと大人っぽい落ち着いた雰囲気のものも。

 

有料でクリアケースをお付けすることもできます。

母の日までにはもう少し増える予定なので、お下見にでもお気軽にご来店ください。

お待ちしております☺

 

☆☆アルバイト募集中☆☆

ただいま長期働いてくれる女性アルバイト募集中です(^_^)/

お花の好きな方、やる気のある方、ぜひお待ちしてます!
土日どちらかでも出勤していただけるとありがたいです。

お問い合わせはこちらまで→(0564)21-8020

同時に母の日短期アルバイトも募集中です☆
母の日付近1~2週間の勤務になります。

 

Home > ブログ

FAX注文用紙ダウンロード

メールからのご注文はこちら

アレンジメント

花束

レンデフロール

プリザーブドフラワー

アートフラワー

胡蝶蘭・ラン鉢

観葉植物・花鉢

御祝スタンド花

お供スタンド、アレンジ

お店紹介

お支払い・送料

お客様からの質問

アクセス

クレジットカードでのお買い物

Return to page top